この文面はプロモーションを使用しています

濱田マリはバイオリン本当に弾いてる⁈実はバンド経験があった!「リバーサルオーケストラ」

2023年1月11日に放送したドラマ「リバーサルオーケストラ」。

このドラマは神奈川フィルハーモニー管弦楽団が劇中の「児玉交響楽団」として撮影に全面協力するなど本格的に行われている音楽エンターテイメントとなっています。

その中で濱田マリさんが、バイオリン(ビオラ)を弾いているシーンがありました。

あまりの上手さに本当に弾いているのか疑問に思われた方もおられると思います。

ここでは、

・濱田マリが本当に弾いているのか
・他の人であれば誰が弾いているのか
・過去に楽器の経験はあるのか
・意外な過去が明らかに!

について調査しました。

Huluで今すぐ視聴!無料トライアル実施中!

それではスタート!

目次

「リバーサルオーケストラ」濱田マリのバイオリン(ビオラ)が上手い!

リバーサルオーケストラでは濱田マリさんのバイオリン(ビオラ)の演奏が披露され「上手い」と思われた方も多かったのではないでしょうか。

まずはその腕前を見て頂きましょう。

4話で桃井みどりが初めて娘の前で演奏した時のシーンです。

いかがでしたでしょうか。

本当に弾いてるの⁈と思ってしまうぐらい完璧としか言いようがない上手さです。

この演奏に「弾いてる⁈」「弾いてない⁈」と疑問に思う方が多いようです。

そのように思ってしまうのも無理はありませんよね

実際、「上手い」というコメントもあれば「濱田マリさん普通にビオラ上手そう」と弾いていないという意見があったりと様々でした。

それでは実際どうなのでしょうか。

濱田マリは本当にバイオリン弾いてる⁈弾いてない⁈調査してみた結果!

「弾いてる」「弾いてない」など、両方の意見がたくさんみられましたが、

結論:弾いていません。(ただし、シーンによっては弾いている可能性があります)

本当に弾いているように思われますが、実は演奏シーンについては音を被せている可能性があると思われます。

というのも、演奏者の音を出している方がいることが分かっています。
(本当に演奏しているメンバーもいます。このことについてはまとめ記事にまとめています)

このことから本人演奏は低いのではないでしょうか。

さらに、濱田マリさん本人が「ビオラの練習をしている」とコメントしていることから初めて触ったと思われます。

初心者からプロのように弾くのはかなりの難易度が高い(弦楽器自体が難しい)のであれだけ弾けるとは思えません。

そこで、代わりに演奏している人物について調べてみました。

今回ビオラ指導者が「中村紀代子さん」ということが判明!

引用アイリス音楽振協会

【簡単プロフィール】
●4歳よりヴァイオリンを始める。

●東京音楽大学入学と同時にヴィオラに転向

●第21回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルに、室内楽奨学金を得て参加する。
S. コロー氏、パノハ弦楽四重奏団ヴィオラ奏者、M. セフノウトカ氏に師事。
2007年、日本ピアノ室内楽コンクール第1位。

●現在は、室内楽、オーケストラ、レコーディングやライヴ等、様々なジャンルで活動中。

このことから、おそらく濱田マリさんの代わりに中村紀代子さんの音も含まれていそうですよね。

プロ並みの演奏をするとなるとかなりハードルが高すぎますもんね!

ですが、実は裏話があるのでご紹介します。

ある意味弾いてる!ドラマの裏話が壮絶だった!

濱田マリさんの本人演奏でないことが分かりましたが(シーンによっては演奏している)それにしても演奏している姿が上手い!

としか言いようがありませんでした。

それもそのはず、

なんと、今回の作品のために2022年の夏(8月)からビオラの練習に取り組んでいます。

実際このようなコメントを出しています。

今回、ヴィオラという楽器に挑戦します。
夏から練習していますが、綺麗な音で弾けるとすごく嬉しい。演奏シーンは『リバーサルオーケストラ』の最大の見どころです。登場人物それぞれの思いが音楽に込められていて、とても深い。

日々の練習は、そりゃもう大変ですが、やりがいを感じます。
他のキャストさんも頑張っているんだろうなぁと思うと、早くも心はひとつです。

撮影前からこんなに繋がっているチームがありますか?って話です。早くみんなに会いたい。それまで、少しでも上手になっていたいです。あ。セリフもちゃんと覚えなきゃ。

このことから、ある程度できるように練習はしているようです。

その証拠に楽器紹介では実際に音を披露しています。

その映像がこちら

https://twitter.com/kodamaorch/status/1620753836989112320?s=20&t=pT-izsX54k3jT8djWCYPTA

ひと弾きでしたがしっかりとキレイな音が鳴っているのが分かります。

これは相当練習したのでしょうね。

弦楽器が同じ門脇麦さんも今回の出演に向けてこのようにコメントしています。

「右手と左手の動きが違って、右も単純に上下に動かすだけじゃない。それに左手を覚えるのが本当に難しい。余裕がなさすぎて楽譜を見ながらだと弾けなくて暗譜している」

と演奏時の苦労についてこのように話していました。

演奏に違和感が出ないように、動かし方や指使いは練習し本当に弾いています。

音はかぶせていたとしても、本当に弾いている!ということですね

このことについて、門脇麦さん曰く、

「右手も左手も合ってます。合ってないとモニターチェックしている先生からダメがくるんで」

シーンによっては本当に演奏しているでしょうから、これは相当大変だったかと思います。

門脇麦さんは主演ですし出番も多いことからさらにプレッシャーはあるかと思いますが、同じように濱田マリさんも違和感のないように練習したことが分かります。

改めて女優さんや俳優さんってすごい努力家ですごいですね

濱田マリ、実はバイオリン経験者だった⁈

リバーサルオーケストラではビオラ奏者の役で出演しています。

ですが、過去にも同じようにバイオリンを弾く役を行っていたことが分かりました。

それがこちら。

映画「マエストロ(2015年1月31日公開)」
世間話好きの第2ヴァイオリン奏者「谷ゆきえ役」

引用GYAO

この時はビオラではなくバイオリンに触れて練習しています。

なので楽器は違いますが、今回が初めてというわけではありませんでした。

この時にもかなり練習されたかと思われます。

とは言え、行っていたのはかなり前のことなのでまた1からの気持ちだったのではないでしょうか。

「マエストロ」も「リバーサルオーケストラ」もプロとしての演奏者役なので、変に見えたり、ぎこちなさが出てはいけないですもんね。

【🌟プチ情報🌟】
マエストロの撮影が終わった後もバイオリンを1年ほど習っていたとか⁈

それはすごいですね!

同じ弦楽器なので初心者の方と比べて、感覚は分かっているでしょうから多少行いやすさはあったかもしれませんね。

濱田マリのバイオリンが上手い理由3選!ココが特にヤバイ特徴について!

今回のリバーサルオーケストラを入れて2回目の弦楽器(バイオリン・ビオラ)を使う役でしたが、弾いているのか弾いていないのか分からない程のクオリティでした。

ではなぜそのように感じたのでしょうか。

それには次の「3つのポイント」があるかと思われます。

①:音に合わせている動きが全く一緒。
②:プロのような弦の使い方・動かし方
③:役者としての演技力

1つずつご紹介します。

1つ目:音に合わせている動きが全く一緒

大抵別で音を被せるとなると、違和感やはまっていないことがあります。

もし、ピアノのような楽器であれば別撮りも可能だったと思いますが、バイオリンとなるとそうはいきません。

なので合わせるのは相当大変だったと思います。

ですが、指使いから全て練習して合わせているだけあってブレが全くありませんでした。

だから音を出して弾いているように見えたのですね

2つ目:プロのような弦の使い方・動かし方

何と言っても弦の使い方・動かし方です。

弦楽器は普通に弾くのですら難しいですが、弦の使い方や動かし方がとてもなめらかでした。

弾いている時にぎこちなさが出ては違和感が出てしまいます。

それでいて、曲の音とピッタリ合っています。

クラシックなのでどの曲も難しいとは思いますが、あの見せ方ができる俳優さんの力・努力が凄いみえました。

あれは本当にかっこよかったです

3つ目:役者としての演技力

やはり3つ目は、濱田マリさんの演技力ではないでしょうか。

主に主演という俳優さんではないですが、個性的なキャラクターであったり、作品により面白みが出る主役級の演者さんですよね。

存在感があります。

この演技力の高さが総合的にみて評価されているのだと思われます。

あの演奏をもう1度楽しみたい方はこちら

濱田マリの意外な過去!実はバンド経験があった!

濱田マリさんは過去にバイオリン・ビオラ奏者役を行っていたことが分かりました。

ですが、実はそれ以前に歌手としてデビューしていたことが分かりました。

今では女優のイメージが強い濱田マリさんですが、まさかの最初は歌手だったとは驚きです。

しかも歌手と言ってもバントというからさらに驚きです!

歌手でも驚きでしたがバントとは!

バンドのイメージが全くないですもんね

・バンド名:「モダンチョキチョキズ」
・活動期間:1991年 – 1997年

バンドでは「ボーカル」を担当しています。

実際の映像がこちら

かなり古い映像ですが、今と全く変わらないですね!

濱田マリさんは、高音が抜ける特徴のある声をしています。

バンド活動の時は、ピンクのワンピースにツインテールがトレードマークだったようですよ

濱田マリさんは関西出身ということから、関西風のコテコテの色合いが強いパフォーマンスを披露しています。

🌟プチ情報🌟
「モダンチョキチョキズ」加入前は、関西のライブハウスを中心にバンド・砂場のボーカル(兼ギタリスト)として活動しており、TBS系『三宅裕司のいかすバンド天国』をはじめ音楽番組に出演。

その後解散しています。

このように、楽器はバイオリン・ビオラと・ギターの経験があるという意外な過去が発覚しました。

きっとリバーサルオーケストラでも新たな一面が見れるかもしれませんね。

まとめ

ドラマ「リバーサルオーケストラ」での濱田マリさんのバイオリン(ビオラ)演奏は本当に弾いているのか⁈弾いていないのか⁈について調査しました。

結果、音は出していませんが(シーンによっては演奏している)弾いているのは間違いないようです。

これまでにかなり努力されてのドラマ出演となっています。

迫力ある演奏がみれるドラマかと思いますので、これからの展開も楽しみながら観たいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次