トライストーン崩壊寸前!内部告発で社長危機・ソニーに売却していた!

暴露系YouTuber「ガーシーチャンネル」こと東谷義和によって数多くの芸能人達が暴露されています。

その中でも特に狙いの的になっているのが、綾野剛(未成年飲酒,未成年との関係,薬物)や城田優(女性関係,違法賭博,脱税「別事務所」)・新真剣佑(女性関係,暴行,脱税「個人事務所」)の3人です。※(同じ事務所田中圭についての違法賭博の詳細が知りたい方は下記に載ってます)

それに伴い、その他多くの芸能人や芸能関係者も次々と暴露されていっていますよね。

このような事になっているのは大本となる芸能事務所トライストーンが何も反応を示さない事も原因となっています。

ここまで証言が出てきているのに事務所側はなぜ何も反応しないのでしょうか。

ここには何やら黒い芸能の闇が隠れているようです!

東谷義和の証言を元にトライストーンの内部告発の件ソニー売却について調査してみました。

それではスタート!

目次

トライストーン崩壊寸前⁈

根本的原因はコレ

これまで沢山の不祥事や芸能人の裏の顔が表に出てきていますが、なぜこのような事態になっていったのでしょうか。

今回の根本的な原因は大きく分けて2つ!

●釈明会見がない
●事務所側の反応・対応

他にも色んな問題は沢山ありますが、ここまで大きくなった原因としてこの2つが上げられます。

それでは、詳しく見てみましょう。

釈明会見に関して

今回の件について、本来であればここまで大きくなることはなかったのです。

と言うのも、ガーシーは『これまで行ってきた不祥事を今まで支えて応援してきてくれたファンに事実を話し謝罪しろ』と言うことでした。そしたらこれ以上は何もしない!

そう言い切っていましたが、綾野剛は何事もないように芸能活動を行っています。

また、ドラマ・CM作成側も起用し続けている事に怒りをあらわにしていました。

トライストーン所属の綾野剛に関してビールのCMが流れていますが、未成年飲酒・未成年との関係の件もあり「こんな奴のCMを流してていいのか」と訴えていますがこれも全て、裏で事務所側に忖度が入っていると言っていましたね。

会見は1人で行えないものではありますが、反応がない方が逆に事実であると言っているようなものですし(ほぼ事実で間違いない)、これからドラマも始まるのにこのまま放送されてしまうのか⁈いつまで黙っているのやら……

所属事務所の反応・対応

これまで表には絶対出ないような芸能人の裏の姿が沢山出てきていたのにも関わらず、事務側からは何も反応がありません

事務所側からすると相手にしていなかっただけなのかもしれないですし、自然消滅するだろうと甘く見ていたのかもしれないですね。ですが、会見もなし・反応もない事がさらにガーシーに油を注いだ形となりました

また、この件に関して芸能事務所側が裏で揉み消そうと動いている事やトライストーン社長(山本又一郎)が裏で行っている悪事にまで暴露が広がり、まさに火消が出来ない状況にまで事態は進行してしまいました。

社長(山本又一郎)の暴露はなかなかの悪事でした。これに関しては下記で詳しく解説しています。

いまだに事務所側からの釈明はなく事実は不明ですが、ガーシーの内容は具体的かつ証拠写真や文章・被害者が出てきている以上綾野剛をかくまうにも限界がきているでしょうし、事実で間違いないかと思われます。

無言を貫き通してきたのも芸能事務所の責任ですから反応しないわけにはいかないですよね。

最初の方で何かアクションをしていたらここまで話が広がっていなかったのかな⁈と思ってしまいます。

内部告発で社長が危機

社長山本又一郎ってどんな人?

引用ForbesJapan

1993年から映画製作・マネジメント会社を設立し、小栗旬・綾野剛・木村文乃など数多くの人気俳優を輩出してきた大手芸能事務所「トライストーン」の社長が「山本又一郎」です。

この社長には黒い噂が多くありそれが今回明るになっています。

こんなことが本当にあるのかと思ってしまいますが、トライストーンからの内部告発から実態が明かされているわけですから信憑性が高まります。

内部告発のよる証言

今までガーシーが一方的に暴露をしてきましたがまさかの展開が!

なんとトライストーンの関係者から内部告発文が顧問弁護士宛に送られてきました。

この事によって事態が大きく動き始め、今まで芸能界に忖度していたであろう記者が反応してこなかったのが少しずつ反応を見せ始めたのです。

内部告発の内容はこちら
①杉本哲太の息子が大麻で逮捕
②田中圭の違法賭博
③ソニーがトライストーンを売却

それでは1つずつ解説していきましょう!

1つ目

・杉本哲太の息子が大麻で逮捕の件について
2021年12月10日に大麻取締違反で逮捕されたのにも関わらず、その情報がテレビや週刊誌で報道されなかったのはトライストーンの社長山本又一郎がお金の力で揉み消したそうです。

引用トライストーン

2つ目

・田中圭の違法賭博について
こちらで詳しく解説しています⇒田中圭違法賭博の実態

引用トライストーン

これだけでもかなりの大問題!

ですがさらに問題として世間をにぎわせているのが3つ目の『ソニーがトライストーンを売却』についてです。

詳しく見ていきましょう!

まさかのソニーに売却

内部告発の内容には衝撃的な内容が!

なんと山本又一郎がトライストーンをソニーに売却しようとしていると言う内容です。

すでにソニーはトライストーンの20%の株を持っており、残りの80%の株も売却していて山本又一郎に数10億いや100億近い金額が支払われるという契約になっていたようです。

このことはトライストーンで働く社員の人は知らなかった事実で、この記事をみて衝撃を受けたはずです。

ですが今回ガーシーが現れたことで売却出来なくなることを懸念してトライストーン社長の山本又一郎は裏の力(政治・警察・闇の組織)を使ってでもガーシーを消そうとしていたそうです!

今回のことが明るみになったことで、ソニーから損害賠償を払うように請求される可能性があります。

ソニーは売却をどうするのか、トライストーン社長の問題・綾野剛、他芸能人の悪態について問題は山積みです。

まだまだ闇が隠れていそうですが、この状態をどう終息していくのでしょうか。

公になるのも時間の問題かもしれませんね。

まとめ

トライストーンの内部告発の件・ソニー売却について調査してみました。

今回の1件で急速に動き出したことには間違いないでしょう。

これからの展開も見届けていきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次