ミーシェンってどんな麺?カロリー解説!ダイエット向きのオススメ麺も紹介!

こんにちは!tomoです。

日頃から麺類を食べる機会が多くあると思います。

ラーメン・そうめん・お蕎麦!麺類ってなんでこんなに美味しいんでしょうね♬

ここ最近ではアジア麵もブームになっており、ビーフン・フォーと続き【ミーシェン】が流行っていますが馴染みのない名前ですし、聞いたことがあってもどんな麺なのかよく知らない人も多いかと思います。

そこで最近流行りの【ミーシェン】についてカロリーや糖質も加えて解説していきます。

また、麺類って美味しいけどカロリーが気になるって方が多いのではないでしょうか。

特に女性やダイエット中の方は「ダイエットをしているから控えている」なんて方もいるはず!

そんな方にもカロリーを気にせず、食べても罪悪感の少ない麺についてもご紹介していきますので参考にして頂ければと思います。

それではスタート!

目次

流行りのミーシェンってなに?

【ミーシェン(米線)】はライスヌードルの1種なんです。

中国雲南省発祥の、米粉を100%と水だけで作られた麵です。

●特徴●
麺は細麵。
米粉なので弾力はないですが、とってもモチモチしていて噛みごたえはぷりっと歯切れが良い食感!スープとよく絡みます。
軽いのでツルっと食べられちゃいますよ♬


なによりグルテンフリーなので、健康志向の人や小麦アレルギーの人も安心して食べられる麵となっています。

野菜をたっぷり乗せてスープとよく絡んだミーシェンを味わってみて下さい。

ミーシェンはダイエット向き?

ミーシェンのカロリー・糖質は?

ミーシェンのカロリーや糖質について調べてみました。

●詳しいカロリー表がなかったのですがミーシェンは米粉で作られているビーフンと同じライスヌードルなのでここではビーフンで考えたカロリー計算となっています。

カロリーと糖質はこんな感じです。

■1人前(100g)
・エネルギー(377kcal)
・糖質(79g)
・タンパク質(7g)
・炭水化物(79,9g)
・GI値52

実はダイエットに向いていた⁈

結論、ライスヌードルはカロリー・糖質ともに高いのでダイエット向きとは言えません

ご飯お茶碗1杯分が約150gなのですがカロリーが約240kcal。

ってことはご飯よりもカロリーも糖質も高いのが分かります。

ただしここで注目!

このようにダイエットをする際どうしてもカロリーや炭水化物ばかりを気にしがちですよね。

ここで忘れてはいけないのが【GI値】です。

🌟GI値とは🌟
食後血糖値の上昇度を示す指数のことです。
つまりこのGI値が高い食材を食べると血糖値が急上昇し、反対に、GI値が低い食材を食べると血糖値は緩やかに上昇します。

要は血糖値の上昇がゆるやかにすることで、太りにくいと言われています。

一般的にGI値が55以下のものを低いと指すのですが、高い物がこちら。

●食パン(GI値95)
●ご飯(GI値88)
●うどん(GI値85)

このように食パンやご飯がいかに高いかが分かります。

じゃぁライスヌードルもじゃないか⁈

って思われた方もいてると思います。

ライスヌードルは確かに米粉の麺ですし、ここでは麵だけの計算ですから調理をするとなると油で炒めたり味付けの際糖質が加わります。

なのでライスヌードル自体としては意外とカロリーが高いのでオススメしませんが、GI値に注目すると案外に向いているとも言えるのではないでしょうか。

ただ、ツルっと食べられてしまうので要注意です。

実はダイエット向きだった⁈

意外に知られていないダイエット麺

先ほど言ったようにカロリーや炭水化物なども気を付けるポイントですが、忘れてはいけないのが【GI値】です。

では他にGI値が低い麺類は何があるのかご紹介していきます。

そば

■1人前200g
・エネルギー(228g)
・糖質(20,6g)
・タンパク質(9,6g)
・炭水化物(44,2g)
GI値54

■お蕎麦には筋肉量の増加に必要なたんぱく質、糖のエネルギー代謝に関わるビタミンB1、腸内環境を整える食物繊維等が多く含まれているのでオススメです。

🌟注意点🌟
お蕎麦だけならいいのですが、トッピングの揚げ物やそばつゆの中には塩分・糖分が多く入っているので飲みすぎ注意です。なるべく飲まないようにしてください。

パスタ(全粒粉・ゆで)

■1人前100g(乾麵100g分)
・エネルギー(328kcal)
・糖質(0,8g)
・タンパク質(5,2g)
・炭水化物(26,4g)
GI値50

■全粒粉のパスタの場合、表皮や胚芽も含めて精製しています。
しかも通常のパスタよりもGI値が低く、ビタミンやミネラル、食物繊維、鉄分等を豊富に含んでいるのも特徴です。
小麦粉のパスタよりも噛み応えもありますし、自然と噛む回数が増え、満腹感を早く感じられるのでオススメです。

🌟注意点🌟
GI値が低いからと言って、パスタソースをクリームにしたりと明らかカロリーやGI値が高そうなものは控えた方がいいですね。

中華麵

■1人前(230g)
・エネルギー(243kca)
・糖質(27,9g)
・タンパク質(11,27g)
・炭水化物(67,16g)
GI値50

■意外だと思った人も多いはず!実はGI値が低い食べ物なんです。

コレって嬉しい情報じゃないですか⁈

🌟注意点🌟
中華麺と言えばラーメンですよね。
美味しいチャーシューや油がこってりのスープ!これを普通に食べては意味がないので、なるべくスープは飲まない。
中華麵を料理するなら野菜たっぷり冷やし中華にするなど工夫をした方がいいと思います。

春雨

■1人前(100g)
・エネルギー(342g)
・糖質(83,1g)
・タンパク質(0,1g)
・炭水化物(84,5g)
GI値35

■春雨は麺類の中でも一番低カロリーで低脂質。食物繊維がとれるので、ダイエットの強い味方です。

🌟注意点🌟
味付けする際はマヨネーズなど調味料はなるべくかけすぎず、薄味にするのがオススメです。

ダイエット中食べるときの注意点

【ダイエットではなくても普段から気を付けた方が良い食べ方】

  • 早食いしないでゆっくり食べる
  • 噛む回数を増やしてよく噛む
  • かき込んで食べない
  • 野菜やスープから食べる
  • 味わって食べる

これを気を付けるだけでも変わってくると思います。

まとめ

今回は流行りの【ミーシェン】のことや、ミーシェンがダイエットに向いているのか。

また、ダイエットに向いている麵についてもご紹介しました。

ダイエットをしていても食べたい物を我慢するのではなく工夫しながら食事を楽しんで頂きたいとおもいます。

ご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次